デジタル書は、1995年に菊地光道氏(現DSA東日本相談役)がカラーコピーを使用して作品を作成したのが始まりです。
以後、下記のような活動を経て、現在に至っています。


1995年
カラーコピー使用の「電脳彩書」が発表される。

1996年
CGを利用した「電脳彩書」が発表される。

1997年
グラフィックデザイナーの 鈴木さんが書道をはじめたことを契機にネット上で「デジタル書道展」を発表
10月18日 日経に「書道 デジタルで新境地 豊かな色彩、増す情緒 」の特集記事掲載
                      デジタル書道協会設立の契機となった

1998年
4月1日 デジタル書道協会(現デジタル書作家協会)設立。
通産省「マルチメディアコンテンツ振興協議会」主催
    「先導的マルチメディアコンテンツ支援事業」に公募プロトタイプ作成採用決定
「筆文字をデジタル化し商業用途に役立てるデジタル書道アーカイブ」制作

1999年
ネットワークジャングル
電子の森に「筆文字をデジタル化し商業用途に役立てるデジタル書道+アーカイブ」を出展
(株)デザインエクスチェンジと協業による、筆文字画像の配信開始
(株)Niftyにデジタル書道カードを無料提供
The Exhibition of Digital Shodo 於:外国人記者クラブ
10月 『夢ART音’99』展 於:ヤマハ渋谷ショールーム

2000年
1月5日 NHK 「おはよう日本」でデジタル書道協会を放映
デジタル書道体験講座  富士通教室(秋葉原)
『ぱそまる2000』への出展 東京ビッグサイト 主催:日本経済新聞社
パソコン壁紙販売 壁紙.comとの協業で壁紙素材の提供販売
『春夢』展 於:文京シビックセンター展示室他

2001年
『ぱそまる2001』への出展 東京ビッグサイト 主催:日本経済新聞社
テレビ東京 「大調査 なるほど日本人」で放映
こうさ展 於:横浜・山手 234番館
『夢のかたち』展 於:京都 祇園 ぎゃらりい西利

2002年
3月    『百五銀行 ロビー』展 於:百五銀行松阪駅前支店ロビー
4月    『夢のつづき』展 於:三重県ギャラリー「上野屋」
5月    『地域のギャラリー』展 於:三重県 ドライブインあら竹
8月5日付 読売新聞 に掲載
8月5日発行 AERA に掲載
10月    『歓』展 於:文京シビックセンター展示室

2003年
2月12日 朝日新聞徳島版に掲載
            徳島展 於:徳島市 森珈琲店 本店
3月6日   NHK徳島放送局地方版「情報交差点」で放映
4月12日 神戸新聞 に掲載
            『四季のかがやき」展 於:神戸市 神戸クリスタルタワー
5月16日 朝日新聞第2兵庫 に掲載
9月10〜12日 世界柔道選手権大会(大阪)にて紹介
11月    『Love Letter』展 於:文京シビックセンター展示室

2004年 
4月1日  協会の名称を「デジタル書作家協会(Digital SHO Creators Association)」に変更



2012年 
5月1日よりDSA東日本、DSA西日本として、それぞれ活動拠点を東西に分けた別団体として運営を開始

*後日加筆予定